不登校,ブログ,対処法,解決策,ノウハウ,知識不登校,ブログ,対処法,解決策,ノウハウ,知識

不登校は自分と向き合う良い機会 ~不登校がもたらす成長~

ゆーくろっくの土井です。   最近担当のお子様を見させて頂く中で、よく自分が不登校だった時代の様子を思い出します。   そして不登校の時代を思い出し、現在の自分を見ると、その当時に考えたことや、感じたことが今の自分を作っているということに気づきました。

孤独になることの重要性

不登校の子は多くの場合孤独で、自分の殻に閉じこもりがちです。一般的に孤独はよくないことと思われがちですが、一定の期間、孤独になることはむしろ必要であるとも言われています。   孤独になると、今まで以上に自分と向き合うことになります。   自分と向き合う中で、自分は一体何が好きで、これからどう生きていきたいんだろう?   など普段はなかなか考えないことを考えるキッカケになります。   これは将来の進路を考える上で非常に重要なことです。 自分に本気で向き合い、その中で気づいた自分の興味や関心は簡単にゆらぐことはありません。   その後エネルギーが回復し、不登校を克服した時に、その時気づけたことは、絶大な原動力となり、不登校になる前以上に成長し、ものすごいパワーで目標に向かって進んでいくことも珍しくありません。   以前紹介した本『不登校でも子は育つ』の中でも、「不登校経験を通して、知らないうちに養われていた大切なものがあった」という不登校経験者の言葉がみられました。

不登校のポジティブな面にも注目してみよう

不登校はすぐに解決できるものではありません。   (参考:不登校の回復期間への心構え~1ヶ月は1週間の気持ちで~)   どんなに順調でも数ヶ月は不登校の期間が続くと考えた場合、不登校のネガティブな面ばかりに目を向けると日々がしんどくなってしまいます。   時には不登校のポジティブな面にも目を向けてみることや、見方を変えてみることで、少し気持ちが楽になったり、不登校の経験をその後の人生のプラスに変えることもできます。

最後に

不登校は本人にとっても家族にとっても、つらい経験になりがちです。   しかし、その中でも養われていく力があります。   「学校に行かなくても子供はしっかりと成長している」   ということを心の何処かにとめて頂ければと思います。

1 comment on “不登校は自分と向き合う良い機会 ~不登校がもたらす成長~”

  1. Pingback: 不登校から将来を考える①〜社会は厳しいという不安〜

Comments are closed.