不登校,ブログ,対処法,解決策,ノウハウ,知識不登校,ブログ,対処法,解決策,ノウハウ,知識

不登校おすすめ本 ~中学なんていらない~

こんにちは。ゆーくろっくの金岡です。

本日不登校の親御さまにおすすめする本は、『中学なんていらない ~不登校の娘が高校に合格するまで~』です。


不登校おすすめ本シリーズはこちら⇒


この本は、実話がコミックエッセイ(マンガ)化されたものです。

著者の青木光恵さんは、中学で不登校になった娘さんのいらっしゃるお母さんです。

実話だからこそ共感できるストーリー

この本の内容は不登校の娘さんが高校に合格するまでを描いた実録です。頼りない担任&学校、頼りになる塾、家族で団結して立ち向かうストーリーになっています。


不登校の子どもと親の一つのストーリーなので、みなさんとは違う部分ももちろんあると思います。


それでも、親としての葛藤、親子間での衝突、よどんでいく家の雰囲気、いじめっ子本人とその親の許せない態度、解決につながらない学校の対応・・・これらの内容には実話ならではのリアリティがあり、当事者にとても共感できる内容になっています。

参考になる内容がたくさんある

この本の素晴らしいところは、共感できるだけでなく参考になる内容がたくさんあります。


もちろん、中学なんていらないというタイトルに自分は共感しかねます。(この著者も中学の素晴らしさについては本書の中でたくさん述べており、たまたま対応の悪い先生と学校に当たったと書いています)


ただ、進路選択の内容が充実しているので、不登校になった子どもにどういう進路の選択肢がありえるのか、親としてどういうサポートをしていくべきかが、良く学べる内容になっています。


要所要所への娘さんへの接し方も参考になります。

接し方そのものも良いですし、文章ではなくマンガ形式だから接し方のイメージを得やすいのです。

最後に

必要だと思えばカウンセリングの中でこの本をご紹介しているのですが、「この本を読むと気持ちが楽になった」、「自分と同じように悩んだ人の話はとても参考になった」というご意見をよくいただきます。


30分で読める分量×マンガ形式読みやすいので、是非読んでみてください。