不登校,ブログ,対処法,解決策,ノウハウ,知識不登校,ブログ,対処法,解決策,ノウハウ,知識

中学生の不登校の原因と対応 ・ 早期解決に向けて

中学生は、最も不登校生のリスクが高い年代です。平成26年の文部科学省の調査によると、小学生の不登校の割合は330人に1人ですが、中学生不登校の割合は37人に1人となっています。1クラスに1人が不登校になるのですから、どの子どもにも起こりうることだと言えますし、中学生の不登校は、決して特別なことでもおかしいことでもないとも言えます。


一方で、不登校は特別なことではないと言っても、起こってしまった場合には可能な限り短い期間で学校に戻れるようになってほしいというのが、親の本音です。


中学生の3年間は長いようで非常に短く、どの学年で不登校から復帰するかという観点は、友人との関わりから健やかに成長してほしいという意味でも、幅広い選択肢から納得のいく進路を選んでほしいという意味でも、重要です。


中学生という年代を踏まえて、お子さまの不登校の原因をきちんと理解し、適切なサポートを利用しながら対応しましょう。

中学1年生の不登校の原因 -中1のギャップ-

私立・公立を問わず、小学生から中学生にかけて環境と生活は下記のとおりに大きく変化します。新しい環境への緊張や順応する上でのストレスが中学生の不登校における最大の原因です。中学入学後のGW明け、もしくは夏休み明けが、不登校に最もなりやすい時期です。

中学生はルールが増えて生活が厳しくなる

小学校から中学校に上がると、体と心が成長してやりたいことは増えていくのに、学校のルールそのものは厳しくなります。制服、髪型、身なりもそうですし、言葉遣いも小学校では先生へのタメ口も許されたのが、中学校からは敬語を求められる場合が多いです。一言では言えないような細かい態度や振る舞いにおいて、少しずつ大人に近づくことが要求され、窮屈になります。

部活動が始まって人間関係が複雑になる

小学校では人間関係はクラスの中だけ(せいぜい加えて習い事)におさまっていましたが、中学からは部活動が始まり、塾に通う場合も多く、同級生との人間関係の軸がどんどん増えて複雑になります。一緒に昼食を食べる、遊ぶ、帰るといったグループを形成する場面において、気をつかわないといけない要素が増えますし、自分の思い通りになりにくくなるのです。


部活動では、先輩後輩といったこれまでとは違う関わり方と態度が求められる存在もでき、中学から人間関係は非常に複雑になります。

定期テストによって数字で評価される

中学からは定期テストが始まり、本格的にテスト勉強という新しい勉強の仕方を求められます。また、理科・数学・英語を中心に、学習内容も難易度が一気にあがります。小学校では優等生だったのに、中学生になると成績が悪化し、落胆することも多いです。

中学2年生の不登校の原因 -学校生活における息切れ-

進級に伴うクラス替えによる人間関係の変化や、突然発生するいじめによって、中学2年生から急に不登校になる場合もありますが、割合的には少ないです。中学1年生の後半から休みがちになり、中学2年生から不登校になるケースが多いです。

息切れの内容は一つに特定できない

中学2年生で一番多いのは、息切れです。環境の変化、部活動の練習、学校や塾の勉強を、自分なりにがんばってきたものの、限界がきて息切れをおこしてしまうのです。「部活動の練習が厳しい」などのように、明確に原因がわかる場合もありますが、たいていは色々なことをトータルして息切れをおこしたので、原因が一つに特定できない場合が多いです。

休む暇のないスケジュールや環境

中学入学、高校受験、大学受験、就職という風に、次から次へと大きなハードルがやってきて、それに対する準備で休む暇がない子どもの毎日は、「踊り場のない階段」と30年前から言われています。昨今の子どもたちは、それに拍車をかけるような過密スケジュールで過ごしているので、息切れをおこしやすいのです。

成果がでないことへの無力感

定期テストや部活動など、競争にさらされたり、中学生になって優劣をつけられる場面が増えてくる中で、がんばっても思ったような成果が出ずに息切れをおこすこともあります。成果が出るからこそ次もがんばろうと思えますし、うまくいかなくても手応えをつかめたり、次への希望があるからこそ、がんばろうと思えるのです。失敗続きで希望を見いだせず、息切れしてしまうことが不登校の原因になります。

中学3年生の不登校の原因 -将来の不安・受験のプレッシャー-

中学2年生のところで述べたように、中学1年生の段階で不登校を起こし長引いているという場合がほとんどです。しかし、中には中学3年生特有の原因によって不登校になる場合もあります。

将来に対する漠然とした不安

将来に対する漠然とした不安から、やる気が起こらなくなり、不登校になります。親の不仲や離婚を見ていたり、上の兄弟が荒れている場合は、人生というものに自然と希望を見いだせなくなり、達観したり無気力になったりします。また、上の兄弟がいない場合も、身近に自分の人生の参考になる存在がいないため、不安を感じやすいです。

受験勉強のストレス

高校受験を控えているというプレッシャーや受験勉強のストレスも、不登校を引き起こす原因になります。これによって不登校になると、周囲が勉強に励んでいるため、自分だけ取り残されているような気持ちになり、適切に対応しないと状況はますます悪化します。

中学を卒業することへの不安

せっかく慣れ親しんだ今の環境から、高校という新しい環境に変わることにも中学生は不安を感じます。人間関係を作り直さないといけないですし、生活環境も変わります。3年生という上の立場から1年生という下の立場に戻るという変化も起きます。そうした変化が起きることに漠然と不安を感じ、受験前後から不登校になる場合もあります。

中学生の不登校の対応 -原因を探りすぎず、不登校を認めてあげよう-

まずは学校を休ませる

子どものあせりや不安感を受け止め、頑張りを認めてあげてください。休み始めたら、本人にはしばらく休んでもいいことを伝え安心感を与えましょう。前日に行くと言っていたのに行けなくても、理解を示してあげてください。


不登校の原因を理解する

落ち着いてゆっくり話ができる機会を子どもと持つようにしてください。ただ、学校に行きたくない理由を言わない場合や言えない場合も多いです。その時は、聞きすぎてはいけません。何度も聞かれることで不登校の自分への罪悪感が増しますし、親が納得しそうな理由をとりあえず言って、あとから本人が苦しむことも多いからです。


不登校の原因は、いじめの有無の徹底的な確認は必要ですが、それ以外はわからなくてもかまいません。なんとなく大体の事情を察することができれば十分です。最初に書かれた中学生特有のストレスによるものだと理解してあげてください。

罪悪感を軽くしてあげる

本格的に不登校になると、学校に行けない自分自身への罪悪感から逃れるために、ゲーム・ネット・スマホに依存したり、夜更かしが多くなって生活リズムが乱れることが多いです。家族と会話をしなくなり、激しく反抗することもあります。


これは、本人が自分で解決するしかありません。不登校の自分自身と向き合い、不登校になった原因や今後について、自分で考えるしかないのです。ただ、まわりが罪悪感を軽くしてあげることで、苦しい期間を短くすることは可能です。


「学校に行っても行けなくてもどっちでもいいよ」、「そんなことであなたの価値は変わらないから大丈夫」、「しようと思ってもできないことっていっぱいあるよね」といったような親の言葉があれば、落ち着いて自分自身と向き合いやすくなるはずです。

自信を育む

学校に行ってなければ、何をしてもいけないわけではありません。むしろ、好きなこと、得意なこと、興味のあることをどんどん応援し、そういったところでのがんばりをほめてあげてください。学校以外の場での取り組みの中で、成功体験をつんだり、まわりからほめられることは、自己肯定感や自信の形成につながり、不登校からの回復に大きく寄与します。


また、可能であればお手伝いをお願いしてみてください。家の中で役割を得ること、感謝されることも、自信につながっていきます。

先生や友だちに呼びかけてもらう

生活リズムが良くなってきたり、表情がよくなってきたら、学校の先生や友だちに「学校に来てみないか」と呼びかけてもらいましょう。たとえ嫌がったとしても、この段階にこういった投げかけがあると、学校に行くことを少しずつ考えるようになります。

中学生の不登校に必要なサポート

精神的に荒れていて周囲を拒絶している場合は、ピアサポート(不登校経験者によるメンタルケア)が有効です。自分と同じ境遇を経験した人がサポートするので心を開くことができ、日々話をすることで精神的な支えを得られるからです。


家族と話をできる、外出はできるといった場合は、不登校専門の家庭教師が有効です。年齢の近いお兄さん・お姉さんと最初は一緒に遊んで仲良くなり、相談し、高校や大学の話を聞きしながら少しずつ勉強することで、学力・学校への関心・将来への意識の向上を図ります。


また、中学生の不登校は、心と生活が荒れる子どもを見て、お母さんも一人で悩んで疲れてしまう場合が多いです。その場合は、オンラインでのカウンセリングを受けることをおすすめします。


状況に応じて適切なサポートを選び、子どもの回復を目指してください。