不登校,ブログ,対処法,解決策,ノウハウ,知識不登校,ブログ,対処法,解決策,ノウハウ,知識

いじめの対応 ~キモイ・ウザイ・死ねと学校で言われたとき

世の中は残念ながら素晴らしい人ばかりではありません。

心無いことを言う人が居るのも事実です。


気にするなという意見やテレビの雑音と思えばいいという意見もありますが、誰だって悪口を言われるとつらいです。

気にするなと言ってくれることはうれしいのですが、気になるものは気になるのも事実です。


悪口を言われた時の対応として、ゆーくろっくではこんな風にアドバイスしています。

できるだけ相手にしない

言い返したり反応したりすると、いじめに「やりがい」が出てきてしまいます。


スマホでゲームをしている時に画面が動かなくなったと想像してみてください。いくら触っても画面はまったく反応しません。イライラしますよね?そのうちゲームをやめてしまい、別のことを始めるはずです。


自分から何かして、反応があるというのは楽しいことです。

逆に言うと、反応がないというのはとてもつまらないのです。


だから、ちょっかい、悪口、無視には反応しないようにしましょう。そうすれば自然とおさまるはずです。


ただ、ひどい場合は、悪口を無視すると怒ってくる人や暴力を振る人もいるでしょう。

そんな人に対しては、どう対応すればよいのでしょうか?

そうだねと答える

相手にしないと怒ってくる人には、「そうだねー」「そうやなー」「そうっすねー」という言葉で対応してください。


ごめんと謝ることはいけません。

何も悪くないのに自分が悪いとなるため、知らず知らずのうちに、自分のせいだと自分を否定するようになるからです。


「わかった」というのもあまり得策ではありません。

「じゃあキモイの直せ」とさらに調子に乗って言ってきたり、あしらわれたと思って余計怒らせたりするからです。


「そうだねー」と言えば、謝まったことにはならないですし、相手を否定したことにもあしらったことにもなりません。


誰も傷つけることなく場をやり流せる言葉なのです。

最後に

キモイ・ウザイ・死ねといった悪口を言われると誰だっていい気分はしません。

悲しい気持ちやつらい気持ちになることもあると思います。


そんなときは、ガマンせずにご両親に相談したり、友だちに話したりしてください。

ゆーくろっくに相談頂いてもかまいません。


悪口を言う人は世の中から消えません。

だから、うまく回避する方法や気を紛らわす方法を一緒に見つけていきましょう。